AFMG_Japan

機能一覧

機能仕様
同時測定入力ch8ch サンプリング周波数 8kHz – 192kHz ASIO対応
最大32chマトリクスによるオーディオIFとのマッピング
測定用音源各種スイープ、ピンクノイズ、カスタム音源
FFTサイズへの自動最適化
インパルス応答測定リアルタイム・デコンボリューション(RTD™) 特許取得
FFTフルサイズ対応
自動タイムアラインメントDelay Analysis
帯域別の遅延時間自動計算 ディレイ設定後の伝達関数計算
伝達関数測定振幅周波数特性、位相特性、群遅延特性
校正に基づいた測定SPL、LEQ、NC、ヒストグラム
電圧、電流、インピーダンス
STI(音声明瞭度)とRT(残響時間)測定IEC 60268-16, R2003 準拠
ノイズクライテリアNC、RNC、NR、RC MarkⅡ
測定結果の編集と比較オーバーレイ(重ね表示)、平均化、正規化、カーソル
スペクトラムスペクトラム、スペクトログラム、ハーモニクス分析
独自のFFT時間窓Time-Frequency Constant 窓(TFC™)特許出願中
初期到達音のエネルギーを高精度に分析
独自の伝達関数測定フィルターSpectrally Selective Accumulation フィルター (SSA™) 特許出願中
音声と音楽(ライブサウンド)を音源とした際の測定信頼性向上
測定精度の表示コヒーレンス、インパルス応答スタビリティ(IR Stability)
音圧レベル規制に基づく測定各国の健康規制データベースのプリセット、拡張可能
リモート制御スマートフォン等のウェブインターフェース
音響調整シミュレーションVirtual EQ:HP、LP、High Shelving、Low Shelving、PEQ
Advanced Virtual EQ : IIR Filter、FIR Filter
サードパーティのためのオープンAPIプラグインLAKE Controller、 EV IRIS-Net他
d&b R1 EQフォーマット対応
オフライン分析録音されたオーディオファイルから各種音響分析
PAGE TOP