AFMG_Japan

サイトロゴ画像
AFMGロゴ

EASE Evac

~ 避難放送スピーカーの自動配置、音圧レベル、音声明瞭度シミュレーションソフト

20% off キャンペーン実施中!(2022年5月末まで)

EASE Evacは、屋内における避難放送※に目的を絞ったサウンドシステム設計ツールです。
もう一つの屋内放送の設計ツールであるEASE Addressとの違いは、EASE Addressが直接音だけの予測しか行わないのに対し、EASE Evacでは残響音を考慮した音圧分布の予測が可能であることです。
残響音を含めたトータル音圧レベルを計算することで、避難放送で最も重要な放送音声の明瞭度を計算し予測することができます。
※避難放送は、海外では「マス・ノーティフィケーション」と呼ばれ、EASEおよびEASE Evacは世界で最もマス・ノーティフィケーション設計で使用されているツールです。

EASE Evacに用いられている技術は、室内音響シミュレーションソフトのデファクトスタンダードであるEASEと共通です。
EASEでは3Dによる部屋のモデリングを行いますが、EASE Evacの部屋は平面図と高さの入力のみで部屋の作図を行います。このシンプルなアプローチにより、廊下、ホワイエ、会議室、さらには空港のゲートエリアなどの公共空間のモデリングを、EASEと比較して大幅にスピードアップして行うことができます。

EASE Evacのモデリングでは、画像ファイル、DXFファイル、Sketchupファイル、およびEASEモデルをインポートし、元図面を下にして上書きによる作図が可能です。したがって、複雑なレイアウトの部屋でも座標入力の必要はありません。

部屋の残響時間は、直接入力するか、部屋の表面のマテリアルの吸収係数からEyring(アイリング)の理論により計算されます。そして、すべての音響パラメーターは、Eyringの残響時間を元に立体的に実行されます。

EASE Evacの音源は、スピーカーまたはサイレンを想定しており、それらを壁および天井に自由に配置できます。また、自動配置機能を用いると、膨大な数の天井スピーカーを、ユーザーが設定した条件で、素早く配置できます。

音源データは、AFMGの最新スピーカーファイルフォーマットであるGLLデータとして各メーカーより提供されています。

EASE Evacは、音の伝播をシミュレートし、水平および垂直切断面に表示します。
シミュレーション結果は、全帯域またはオクターブ分析(1/3~3オクターブ)、絶対値または相対値、A特性または重み付けなし、などの条件に基づいてカラーマッピングされます。

音声明瞭度(STI、ALCons、CIS)は、ノイズレベルを考慮したIEC 60268-16に従って計算されます。
さらに、ユーザーが設定した任意の位置での周波数応答の予測も可能です。それらの結果は、PDFまたはRTF(Rich Text 形式)で保存できます。

関連製品

PAGE TOP