AFMG_Japan

EASE Evac & Address オンライン LIVE! トレーニング

EASE Evac & Address
オンライン LIVE! トレーニング

EASE Evac & Address オンライン LIVE!
トレーニング

< 概要 >

このオンラインセミナーは、避難放送スピーカーの配置、シミュレーションソフトであるEASE EvacおよびEASE Address(フリー)を用いた、部屋の作図から音響シミュレーションまでの操作方法を解説します。
3時間と短いコースですが、入念に構成された講義内容により、受講者は両ソフトウェアの全ての機能と違い、その使い方について学ぶことができ、受講後はすぐにサウンドシステムの設計を開始することができます。

対象は、非常用放送設備や館内PA放送など、主に天井埋め込みスピーカーを用いた設備音響設計を業務とされている方です。

EASE Evacは、EASEと同様部屋の残響時間予測機能を搭載し、音声明瞭度(STI他)の計算が可能です。
一方、フリーウェアのEASE Addressは、直接音の音圧レベルの予測機能のみですが、EASE Evac同様にスピーカーの自動配置機能を持っており、飲食店舗やアパレルショップなどのBGMシステム設計をされている方に大変有用です。

EASE EvacとEASE Addressのユーザーインターフェースは、部屋の作図とスピーカー配置、音響シミュレーションを通じてほとんど同じです。
主な違いは、EASE Evacは部屋の音響特性を考慮しますので、境界面(天井、床、壁)に吸音率情報を持ったマテリアルデータ使いますが、EASE Addressではその必要はありません。
また、EASE Evacは壁に取り付ける露出型スピーカーも対象になりますが、EASE Addressは天井埋め込みスピーカーのみです。
両ソフトウェアとも、作図と同時にシミュレーション計算が行われ、リアルタイムで結果表示します。したがって、実質の作業は部屋の作図とスピーカー選択と配置の修正のみです。

EASE EvacとEASE Addressは、EASE同様にGLLフォーマットのスピーカーデータを用います。両ソフトウェアの部屋の作図とスピーカー配置情報は、簡単にEASEにエクスポートできます。
なお、AFMG社の音響シミュレーションに対応するGLLデータは、スピーカーメーカー各社より随時リリースされています。
詳しくは、AFMG本国サイトの、スピーカーデータ一覧をご覧ください。

本オンラインセミナーは、J.TESORIのこれまでのセミナーノウハウをふんだんに盛り込み、解説用のスライドと両ソフトウェアを切り替えながら講義を進めますので、ネットに接続されたパソコン一台で支障なく受講できます。
もちろん、両ソフトウェアをまったく触ったことがない方でも、問題なく受講可能です。

なお、セミナースライドは事前にテキスト(PDF)として配布しますので、受講前の予習と共に受講後の復習にも役立ちます。
また、セミナー内容は、3ヶ月間オンデマンド動画で確認できるため、万が一セミナー中に見逃しがあっても安心です。

本セミナーの講師は、音響技術教育の第一人者である株式会社J.TESORI代表の栗山譲二が務めます。豊富な音響知識と研究開発経験を元に、音響物理・心理・信号処理・エレクトロニクスなど様々な角度から受講者にアプローチします。

日 時2022年8月2日(火)13:00~16:00(3時間)
講 師栗山 譲二(株式会社J.TESORI代表)
受講対象・ 非常用放送設備、館内PA、BGMシステムなどの設備音響設計をされている方
・ 設備用スピーカー製品の販売やマーケティングをされている方
・ 専門学校および大学などの教育機関で、設備音響設計を教えている方
定 員20名 ※定員になり次第締め切りさせていただきます
受講料
(税込み)
8,800円
教 材・オリジナルテキスト(PDF事前配布)
・EASE Evac 30日間試用版(本サイトのこちらにトライアルライセンスのダウンロードとインストール手順があります)
・EASE Address(本サイトのこちらをご参照の上ご準備ください)
講習動画受講後、トレーニング内容をオンデマンド動画で復習できます(3ヶ月間)
  1. 1. EASE Evac と Address の概要
  2. 2. 音響シミュレーションの基本
    • ① 直接音
    • ② 残響音と統計音響理論(★)
  3. 3. 使用の準備
    • ① スピーカーデータのインポート
    • ② 表面マテリアルデータのインポート(★)
  4. 4. 作図
    • ① 部屋の作図の基本と下図の取り込み
    • ② 表面マテリアルの設定(★)
    • ③ 部屋内オブジェクトの配置(★)
  5. 5. スピーカーの配置
    • ① 天井埋込みスピーカーと自動配置機能
    • ② 壁取り付けスピーカー(★)
  1. 6. 音響シミュレーション
    • ① 直接音の音圧レベルの予測
    • ② 残響音を含めた音圧レベルと音声明瞭度の予測(★)
    • ③ 分布図
    • ④ 周波数応答
  2. 7. エクスポート機能
    • ① EASEへのエクスポート
    • ② DXF、SKPファイルへのエクスポート

  
(★)は、EASE Evacのみの機能

※カリキュラムは予告なく変更になる場合がございます

【受講時のパソコンについて】
  • ネットワーク接続されたパソコンあるいはタブレット等をご準備ください。マイクは必須、カメラは任意です。
  • 本オンラインセミナーのご参加にあたっては、セキュリティ強化のために、弊社から送られた手順書に従った事前登録と、参加時のパスワード入力が必要です。
【事前ご質問】

ご参加の方は、事前にSysTune 操作に関するご質問をいただけます(メールにて受付け)。
セミナー当日は、寄せられたご質問を優先して講師が回答いたしますので、ぜひ、事前にご質問をまとめ、ご連絡いただくことをお勧めいたします。

PAGE TOP