AFMG_Japan

サイトロゴ画像
AFMGロゴ

SpeakerLab

~ スピーカー分析とフィルター設計、およびGLLデータ製作ソフト

EASE SpeakerLabは、EASEファミリーのシミュレーション製品(EASE、EASE Focus 3、EASE Address、EASE Evac)で使われるスピーカーデータであるGLLファイルを作成、編集、および表示するためのソフトウェアです。
スピーカーメーカーは、対象スピーカーの指向性データと軸上の応答を測定した後、SpeakerLabにインポートすることで、簡単に製品のGLLファイルを作成し、EASEファミリー用のスピーカーデータとしてユーザーに配布できます。シングルユニットのスピーカーはもちろん、複数のユニットを搭載したコラムスピーカーやマルチウェイスピーカー、ラインアレイスピーカーにも対応しています。

GLLファイルは、音響情報以外にも多くの追加情報が組み込まれています。ボックス寸法と意匠、重量、重心、吊り金具、ラインアレイのリギング仕様と接続方法、さらにFIRフィルターを含めた様々なフィルターオプションを盛り込むことができます。
それは、GLLファイルが、従来の表形式ではなく、柔軟で拡張性のある記述言語を用いてスピーカーを物理モデルとして表現しているからです。
※GLLファイルと他のフォーマットの違いについてご興味がある方は、Loudspeaker File Format Comparison(AFMGサイト)をご参照ください。

SpeakerLabでのGLLファイルのプログラミングでは、ユーザーはゼロからプログラムを書く必要はなく、ガイドメニューに沿って主要な情報を入力するだけで、GLLファイルのソースプログラムが生成されます。もちろん、配布用のGLLファイルを作るためのコンパイル機能も搭載しています。
また、SpeakerLabの各種信号処理機能を使って、実際のスピーカーのプロトタイプ製作前に、DSP EQやDelayなどの信号処理を含めたスピーカー特性のシミュレーションができます。したがって、GLLデータ作成目的以外でも、スピーカーの基礎開発や研究に大いに役立ちます。

関連製品

PAGE TOP