AFMG_Japan

サイトロゴ画像
AFMGロゴ

SoundFlow

~ 多層構造マテリアルの、吸音・反射・透過損失のシミュレーションソフト

SoundFlowは、多層構造体の音の吸収、反射、透過を計算するためのシミュレーションソフトウェアで、層のマテリアルと厚さを指定することにより、壁、床、天井の構造のモデリングを可能にします。
モデリングの結果は、マテリアルデータとしてEASEにエクスポートでき、EASEの音響シミュレーションの精度をより向上させます。

SoundFlowは、Mechel、Biesなどによって開発された吸音材の理論に基づいた正確な計算エンジンを実装しており、ISO 12354規格に準拠した計算を含むさまざまな計算モデルから選択できます。
シミュレーションは10Hzから20kHzの帯域で行われ、1オクターブから1/24オクターブのバンド幅で結果が計算されます。

さまざまな計算パラメータを定義でき、各シミュレーション結果は、吸収係数反射係数、および透過損失複素入力インピーダンスなどの音響測定値としてグラフィック表示されます。シミュレーション時の入射音の角度の変更や、拡散音場での入射についてもサポートしています。

なお、マテリアルにプレートを選んだ場合、シミュレーション可能な範囲は、最大で3〜4波長の厚さを持つ薄いプレートに限定されます。
接着層またはラミネート層、金属スタッド、および同様の構造や隣接効果はサポートされていません。

また、SoundFlowは、エッジ回折効果による有効表面積の増加など有限サイズの効果を考慮していますが、シミュレーション対象のマテリアルは、シミュレーションしたい波長と比較してサイズが大きいことを前提としています。小さなサイズの予測精度は、マテリアルの特性とサンプルの形状に大きく依存することを留意ください。

※SoundFlowには、Basic/Standard/Proの三種類の製品が存在しますが、日本ではProのみ販売しています

関連製品

PAGE TOP