AFMG_Japan

サイトロゴ画像
AFMGロゴ

機能一覧

機能仕様
チャネル数32ch
サンプルレート8 kHz~192 kHz
残響時間T10, T20, T30
信号対雑音比SNR
音声明瞭度STI, STIPa, RaSTI
アーティキュレーション損失%AlCons
リアルタイム音圧レベル重み付け:A、B、C、Z
ピークおよびRMS
リアルタイム電圧 
信号発生器スイープ、ログスイープ、重み付けスイープ、ピンクノイズ、ホワイトノイズ、正弦波、重み付けノイズ
ウォーターフォールプロット 
入力および出力の校正音響信号および電気信号測定に対応
ライブ測定スペクトル、スペクトログラム、基本的な伝達関数
初期減衰時間EDT(アーリーディケイタイム)
センタータイムts
クラリティC30
ユーザー定義のエネルギー比 /積分時間
両耳間相互相関係数IACC(Interaural Cross-Correlation Coeff.)
エネルギー計算エネルギーサム、重み付けエネルギー
材料特性の現場測定吸収係数
ストレングスG
レラティブ ストレングスGrel
統計特性信号平均(DC)、ノイズ平均(DC)、信号実効値(RMS)、波高比、絶対最大振幅、他
フィルター機能バターワース、チェビチェフI、チェビチェフIIの特性を備えたローパス、ハイパス、バンドパスフィルター
窓関数ハニング、ハミング、ブラックマン、レクタングル、トライアングル、カイザーウィンドウタイプ
測定結果の編集測定ファイルの平均化、測定ファイルの追加、繰り返し移動、Undo/Redo、Copy/Paste
位相スペクトル実数部と虚数部、群遅延
ノイズ クライテリアNC, PNC, NR
マルチ測定複数測定の結果表示とポスト処理
インピーダンス測定 
インパルス応答IR, ETC(Log-Squared), ETC(Envelope), Schroeder
デフィニッションD
エコー クライテリア 
ラテラル フラクションLF
ラテラル フラクション 係数LFC
サポートSTST1, ST2
変調伝達関数MTF, MTI
さまざまな表示単位V, dBV, dBu, dBm, dBW, dBSPL他
MLS信号による測定アダマール変換
ユーザー定義の測定信号ほとんどすべての信号をEASERAの刺激信号に変換します(例:WAVファイル)
編集シーケンスによる自動ポスト処理複数の編集操作を自動化します
数学的変換を含む高度な編集DC削除、値の設定/加算/減算/乗算/除算、スケーリング、平方根、逆数、累乗、カスタムスムージング、拡張/縮小、長さの変更、他
高調波スペクトルK2, K3…
全高調波歪みTHD
スケールモデル測定適切な高周波測定セットアップを使用して、EASERAは空気吸収を除去し、ISO9613に従ってサンプルレートを変更することができます
トレランスモード音を検出してファイルに自動的に保存するモード
TDS測定(オプション:TEF/TDSモジュール)TEF方式による測定
スピーカー自動測定(オプション:POLARSモジュール)FourAudio ELF、LinearX LT360、Outline ET2、Outline ET250-3Dなどの測定ロボットとターンテーブルのサポート
PAGE TOP